Chrome 41 のウインドウ UI 周りで MacType が効かなくなったのを効かす

先日、Chrome が更新され、UI 部分のフォントレンダリングに修正が入り。

Windows での UI 描画はデフォルトで DirectWrite が有効になりまして、MacType を使っている場合、フォントレンダリングに違和感が。

追加された起動オプションで設定し、MacType が効くようにします。

Chrome 41 以前の MacType 対策

以前書いた記事参照、chrome://flags にて設定しても、UI 部分は変わりません。

 

Chrome 41 での変更ポイント

ソースコード周りでの変更ポイント。興味がなければここは飛ばしていいです。

 

起動オプション –disable-directwrite-for-ui

–disable-directwrite-for-ui を起動オプションにすることで MacType が UI 部分にも効くようになります。

Chrome のショートカット→プロパティから、リンク先、例えばこうなっていれば

C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe

前後にダブルクオーテーションを付け、半角スペースを空けて–disable-directwrite-for-ui を付加。こんな感じ。

"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --disable-directwrite-for-ui

 

ついでにタスクバーにある Chrome ショートカットの場所

Windows で Chrome を普通にインストールすると、タスクバーに Chrome が据えられます。

ここから Chrome を立ち上げる方、多いのでは(ぼくも)。

タスクバーのショートカットのディレクトリは

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar

にあります、ここの Chrome ショートカットに前述の起動オプションを付けてあげれば良いです。

 

ホホまとめ

Chrome 単体で設定できるようになるといいなー。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

“Chrome 41 のウインドウ UI 周りで MacType が効かなくなったのを効かす” への1件のコメント

  1.  Avatar
    匿名

    Thanks, very helpful

コメント、してみません?