Chocolatey は Windows ユーザー希望の星となり得るか、インストール~使い方など【パッケージ管理】

Windows 用のパッケージ管理ソフトウェア、Chocolatey。

Mac→Homebrew、Linux→apt-get、iPhone→App Store、Android→Play Store

のようにソフトウェアの依存関係を含め簡単に Windows ソフトウェアを更新&インストール可能

プロジェクトがだいぶこなれており、ある程度 Windows がわかっているユーザーは入れた方がいいやつ。

Chocolatey とは

Windows 用に構築されたパッケージ管理ソフトウェア。

2014/11/23 執筆時現在、バージョンは v0.9.8.28、のべ11,000以上 (パッケージは2,300以上) のパッケージが登録されています。

使い方&ドキュメントなんかは今のところ全部英語。

基本的にコマンド操作となるため、「パッケージ管理?英語?」な人はちょっと敷居が高いかもしれません。

一応 GUI もあります。

Chocolatey を使う理由

Windows のソフトウェアは Microsoft のものなら Windows Update でまとめてチェックされ更新されますが、自分で追加したものだと、ソフトウェアが各々備えている更新機能に頼るほかありません。

もちろん更新機能がないものもあります。

そういった煩わしい Windows のソフトウェア更新を一手に引き受けてくれるありがたいものなのです。

Chocolatey をインストール

公式サイト手順通りインストールからいきなりコマンドが必要ですが、まぁコピペで OK です。

管理者権限でコマンドプロンプトを実行

コマンドプロンプト→管理者として実行
コマンドプロンプト→管理者として実行

Chocolatey インストールのコマンド ↓ を貼り付けエンター。

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin

インストールとは言ってもユーザープロファイル下に実行ファイルを保存し、PATH を通すパターン。

なのでコントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能には現れないことに注意。

ここで一応いったん Windows を再起動しておきましょう。

Chocolatey コマンド

これだけ抑えておけば問題ないだろう、代表的なよく使うコマンド3つ。

  • インストール…cinst パッケージ名
  • アンインストール…cuninst パッケージ名
  • 全体を更新…cup all(※Chocolatey で管理されているもの

Chocolatey コマンドリファレンスを読めば全部書いてあります。

カスタムインストールしたい場合は -notSilentを付けるってのも覚えておくいいでしょう。

ちなみに Chocolatey でパッケージをインストールすると、プログラムとして登録されるパッケージもあればそうでない場合もあり、まちまちです。

既にインストール済みのソフトウェアを Chocolatey 管理にする場合、一度アンインストールしてから cinst ~ で。

Chocolatey GUI をまず入れてみよう

GUI です GUI。

Chocolatey GUI を入れれば敷居は下がるかも知れません。

管理者権限でコマンドプロンプトを開いて Chocolatey GUI をインストール。

cinst chocolateygui
ChocolateyGUI インストール
ChocolateyGUI インストール

インストールできました(PowerShell 4.0 も依存で入ります。

紫色で Chocolatey のキックスターターが出てます、気になる人は

C:\ProgramData\chocolatey\chocolateyinstall\chocolatey.configをテキストエディタで開き

<ksMessage>true</ksMessage> を <ksMessage>false</ksMessage> に書き換えておきましょう。

Windows 再起動をかけると Chocolatey GUI が使えるようになります。

Chocolatey GUI を使ってみる

スタートメニューにあるので起動。

スタート→ChocolateyGUI
スタート→ChocolateyGUI

メイン画面は Chocolatey でインストール済みの一覧 (Installed packages)。

ChocolateyGUI メイン画面
ChocolateyGUI メイン画面

Avaliable packages タブに移動すると、インストールできるパッケージがずらり。

例として検索から mactype をインストールしてみます。

検索バーに単語を打ち込み検索アイコンをクリック。検索結果を選択し、インストール。

ChocolateyGUI から検索してパッケージをインストール
ChocolateyGUI から検索してパッケージをインストール

インストールが終わるとインストール済み画面に遷移します。

ChocolateyGUI パッケージ インストール後
ChocolateyGUI パッケージ インストール後

パッケージを探すには

前述の GUI でもいいです、ぼくは Web から探します。

Chocolatey Gallery | Packages
Chocolatey Gallery | Packages

インストールのコマンドも載っているので簡単。

人気のパッケージ順や最新のパッケージ順で探すことができます。

Chocolatey 代表的なパッケージ

と書いたものの、自分用メモです。

Microsoft 系

cinst directx vcredist2005 vcredist2008 vcredist2010 vcredist2012 vcredist2013 windowsupdate.disableautorestart

Flash

cinst flashplayeractivex flashplayerplugin

フォント

cinst sourcecodepro koruri ubuntu.font

Google 系

cinst googlejapaneseinput google-chrome-x64 googledrive

上記はほんの一例、好みのパッケージを入れると更新の手間が省けて捗ります。

Chocolatey をアンインストールする

入れてみたけどやっぱいらないや、という時に。

前述の通りプログラムとしてインストールされているわけではありません。

公式サイトのアンインストールを参照すると、Chocolatey 本体は C:\ 内のフォルダに入っています。

隠しフォルダなんで表示して GUI で消すか、もしくはコマンドで一発。

rmdir /s C:\ProgramData\chocolatey
Chocolatey をアンインストールする
Chocolatey をアンインストールする

そして公式サイトには書いていないのですが、PATH が通ったままなので気になる方は PATH も取り除いておくといいでしょう。

環境変数PATHから C:\ProgramData\chocolatey\bin; を消す
環境変数PATHから C:\ProgramData\chocolatey\bin; を消す

Chocolatey からインストールしたパッケージに関しては事前にcuninst ~するかプログラムのアンインストールを行えばいいです。

ホホまとめ

導入・運用の敷居はパッケージ管理ソフトというものに慣れていないと若干ハードルが高いものの、その効果は抜群だと思います。

Chocolatey でインストールしたソフトウェアに更新機能が付いていれば切っておき、更新を一括 cup all で行えるようにしておくといいでしょう。

Windows ユーザーのあなたへ。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメント、してみません?