WordPressの関数をちょっと試したいときにWordPress外のPHPから使うための小技

WordPressでなんやらかんやら試したいときにテーマファイルに直接書きこんでむちゃくちゃになることってないですか。ないですよね。ですよねー。

関数とか出力とかをちょっと試したいなーと思うことが多くなってきて、調べてみました。

やりたいことは、「WordPress外からWordPressの関数を使って出力すること」です。

 

というわけでおなじみ Codex

探してみました。あるもんですねぇ。

さっと読んでから試してみました。注意点はこちら

  • マルチサイトではできない
  • 別ドメインではできない

です。ローカルホストならローカルホスト内でどこでもいけますね。

 

やってみましょう

※ちなみにぼくの環境では localhost/www/wp にWordPressをインストールしています。

環境に合わせてパスは適宜置き換えてください。

 

1, まずはphpファイルを作成

localhost/www/test.php ってのを作ってみます。

localhost/www/test.php
localhost/www/test.php

 

2, WordPressのヘッダーを require でインクルードする

Codex には2つ書いてあります、どっちでもいいよ!っとのことなのでスイートなほうを。

<?php
/* 短くて素敵 */
define('WP_USE_THEMES', false);
// WordPressフォルダ直下の wp-blog-header.php をインクルード
require('./wp/wp-blog-header.php');
?>

これで準備おっけー。なんとお手軽…!

 

3, WordPress 関数を使ってみる

ちょー簡単に、WordPressのバージョンを出力してみます。

<?php
/* 短くて素敵 */
define('WP_USE_THEMES', false);
// WordPressフォルダ直下の wp-blog-header.php をインクルード
require('./wp/wp-blog-header.php');
?>
<!-- WordPressのバージョンを出力 -->
<?php echo $wp_version; ?>

すると、おお!出ました。

wp_version
でた

これだけです。

投稿の出力も普通にできました。

 

ホホまとめ

これは頗る便利ですね、最近真面目にWordPressを始めたので知らないことばかりで毎日楽しいです。

test用のphpを作ってよく使うコードを書いておけばしゅっとチェックしたりできますね。

サーバーに管理用のコードを置いておけばめんどうなことをせず色々できそう!


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

“WordPressの関数をちょっと試したいときにWordPress外のPHPから使うための小技” への2件のフィードバック

  1. […]  Link WordPressの関数をちょっと試したいときにWordPress外のPHPから使うための小技 | ホホ冢次男 […]

  2. […] WordPressの関数をちょっと試したいときにWordPress外のPHPから使うための小技 […]

コメント、してみません?